胃炎の症状と治療ガイド

慢性胃炎について

慢性的に起こる胃炎については、原因を見分けにくいというのが急性胃炎と異なっている点です。

 

胃粘膜の部分に慢性的に炎症が繰り返される病気で、2つのタイプがあります。

 

1種類目の症状は、「特発性慢性胃炎」と名付けられており、胃に炎症以外の症状がないものです。

 

この「特発性慢性胃炎」と呼ばれるタイプは、そこから3つのパターンに分けられます。

 

慢性委縮性胃炎、慢性肥厚性胃炎、慢性表層性胃炎というのが該当するものになります。

 

「慢性委縮性胃炎」とは、胃の粘膜が萎縮して薄くなる症状で、胃酸の分泌が正常にできなくなり、無酸症や低酸症が生じます。

 

「慢性表層性胃炎」というのは、軽度の胃炎症状であることが多く、胃の粘膜部分に炎症が集中して起こっている状態を言います。

 

完治しやすいものの、慢性委縮性胃炎につながってしまう人も多いので、きちんと治療を受ける必要があります。

 

慢性肥厚性胃炎という胃炎タイプは、過酸症の症状が生じる慢性胃炎です。

 

特発性慢性胃炎の場合は原因究明が困難で、幾つかの要素が重なり合って引き起こる胃炎ではないかとされています。

 

胃に対するダメージが繰り返されたり、自己免疫現象、または頻繁に急性胃炎になることなどが一因で、慢性胃炎へと発展する人も多いようです。

 

胃にダメージを与えるものとしては、お酒やタバコなどが主なものですが、熱すぎる料理も胃に悪影響を及ぼすようです。

 

日常生活でのストレスも胃に影響を与えることがはっきりしています。

 

2番目に挙げられる慢性胃炎のタイプは随伴性慢性胃炎といわれる胃炎のタイプで、胃潰瘍や胃がんなどと合併して胃の炎症が起こる症状です。

 

胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの病気で治療中の人の大半は、胃炎も同時に起こっている可能性が高いといえます。

 

慢性胃炎を発症していても自覚していない方も多くいますので、集団検診といった機会に見つかるというケースも多いと言われています。

 

 

胃炎・腹痛にお悩みの方におすすめ

 

 


慢性胃炎について記事一覧

慢性胃炎の症状

慢性胃炎というのは、自覚症状を感じない人とひどい症状に悩まされる人に分かれるようです。主に感じられる自覚症状としては、程度は別にして上腹部に嫌な感じを抱えていたり、食欲不振や倦怠感を訴える人がいます。食べ終わった後に胃が痛くなったり、胸やけや吐き気を訴える人も多く、ひどい場合には嘔吐してしまうことも...

≫続きを読む

 

神経系胃炎について

胃炎のタイプの中に神経性胃炎と呼ばれる症状があります。神経性胃炎というのは、胃に不快感を覚え、内視鏡検査の結果が出てもトラブルがないような場合に疑われます。胃が弱って、常日頃からどこかおかしいと感じて困っていますか。基本的に神経性胃炎は、日々のストレスが要因となって症状を呈することが分かっています。...

≫続きを読む

 

胃炎の薬について

胃炎というのは、自己判断せず医師による診察を受け、貰った薬を服用しながら治療をしていくことが大切です。それでも、胃炎を起こしている人の中には、市販薬だけの力で治療していこうと思っている人も相当数いることでしょう。お店で取り扱われている胃腸薬も胃炎症状は緩和されますが、患者ごとに作られたものではありま...

≫続きを読む

 

胃炎とピロリ菌の関係について

ピロリ菌が胃炎と密接な関係があることが実証されています。ピロリ菌が胃の中にいる胃炎患者が、胃がんへと症状が進んでしまう場合が多いことが報告されています。ピロリ菌という細菌は、胃壁に傷を負わせる性質があり、胃の中に住み続けます。胃液の中に含まれている酸度の高い分泌液でも死に絶えたりはしないのです。ピロ...

≫続きを読む