胃炎の症状と治療ガイド

胃炎の薬について

胃炎というのは、自己判断せず医師による診察を受け、貰った薬を服用しながら治療をしていくことが大切です。

 

それでも、胃炎を起こしている人の中には、市販薬だけの力で治療していこうと思っている人も相当数いることでしょう。

 

お店で取り扱われている胃腸薬も胃炎症状は緩和されますが、患者ごとに作られたものではありません。

 

ドラッグストアに必ずいる薬剤師の方とよく相談して、自分の胃炎症状に効果の高い胃腸薬を見極められると良いですね。

 

胃酸過多になってしまうことで発生する主な症状は、胃の痛みや胸やけであったり、胃のもたれやむかつきです。

 

胃酸が過剰に分泌されないよう抑止するH2ブロッカーと呼ばれる薬があります。

 

CMなどでおなじみのガスター10は、病院でしか手に入れることが不可能だったファモチジンが身近に買えるようになった薬剤なのです。

 

これら以外に、三井Z胃腸薬は医療用に導入されている塩酸ラニリチジンが備えられた胃腸薬で、持続性に優れた効果を発揮するとして話題になっています。

 

パンシロンH2ベストも、シメチジンが含まれていて、必要以上の胃酸分泌をくい止める効果があるようです。

 

これまで取り上げた薬は、優れた胃炎改善効果が望めるとして販売数を伸ばしているのです。

 

しかし、店頭で容易に入手できるからといって、適当に選んでしまうことはさけましょう。

 

病院の薬ではないからと安易に考え効き目が悪いと考えて、一定量以上の量を飲んでしまう人もいます。

 

買った薬剤の説明書は必ず読み、服用に関してきちんと決められていることを守るように細心の注意を払いましょう。

 

何種類もの薬を一緒に用いるのは良くないため、現状で自分がどのような薬剤を使っているのか念頭に置いておきましょう。

 

実際に胃炎の薬を買いに足を運ぶときには、自分の飲んでいる薬のメモなどを持って行き、自分の症状はどんなものか詳しく説明しましょう。