胃炎の症状と治療ガイド

神経系胃炎について

胃炎のタイプの中に神経性胃炎と呼ばれる症状があります。

 

神経性胃炎というのは、胃に不快感を覚え、内視鏡検査の結果が出てもトラブルがないような場合に疑われます。

 

胃が弱って、常日頃からどこかおかしいと感じて困っていますか。

 

基本的に神経性胃炎は、日々のストレスが要因となって症状を呈することが分かっています。

 

積み重なったストレスで自律神経の機能が低下すると、身体の他の部分でも種々の病気が発生します。

 

その症状が胃に出た場合、神経性胃炎としてみなされます。

 

自律神経は勝手に働く神経という特徴があるため、簡単にどうにかできるというものではないのです。

 

自律神経失調症から引き起こされる病気を解消するためには、弱っている自律神経を正常な状態に変化させることが重要です。

 

自律神経失調症という病気になる大きな原因にストレスがあります。

 

他の人にとっては気にならないことでも、当の本人はセンシティブに受け止めストレスに晒されたりしています。

 

このようにストレスを感じるか感じないかは、人それぞれで異なると言えます。

 

ストレスと思う事は、人間関係などだけに限らず、生活環境が突然変わることによっても影響されるようです。

 

新しい生活環境に馴染もうとすればするほど大きなストレスになります。

 

そして、不健康な生活リズムをしていることもストレスの原因になります。

 

その一例は、夜に起きて昼間に寝るという逆の生活や、各々の体力に見合っていない生活を送っていることが好ましくないのです。

 

考え込んでしまうようなストレスのダメージを受けやすい性格なら、関係した症状が明らかに出てくるでしょう。

 

他人の言いなりになりがちな人や感情の起伏を抑えられない人、他人からの目や評価が気になる人も、ストレスへの耐性がないと考えられています。

 

ストレスを引き起こす要素が乱れた生活リズムなら、リズムの乱れをなくしていくことによりストレスの軽減につながります。

 

【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎