胃炎の症状と治療ガイド

胃炎とピロリ菌の関係について

ピロリ菌が胃炎と密接な関係があることが実証されています。

 

ピロリ菌が胃の中にいる胃炎患者が、胃がんへと症状が進んでしまう場合が多いことが報告されています。

 

ピロリ菌という細菌は、胃壁に傷を負わせる性質があり、胃の中に住み続けます。

 

胃液の中に含まれている酸度の高い分泌液でも死に絶えたりはしないのです。

 

ピロリ菌が明らかになったのは1980年代ですが、それから徹底的に研究されて、胃炎とピロリ菌との結び付きが究明されてきたのです。

 

慢性胃炎の元凶になるというピロリ菌の性質は分かっていますし、胃炎が胃がんになる確率を高くしてしまうことも解明されました。

 

さらには、胃がんだけでなく、大腸がんを発生させる危険性も発見されています。

 

胃炎など胃の病気と深く結びついているピロリ菌は、日本人の二人に一人が感染しているとの見解がなされています。

 

それでも、ピロリ菌の全感染者が胃炎をはじめとする症状を引き起こすということではありません。

 

感染している人の20分の1の割合の胃で症状が引き起こされるのです。

 

着目すべきことは、何と胃潰瘍を患う人の80%以上の人にピロリ菌の感染が見られたということです。

 

これに目を向けると、ピロリ菌を撃退することが胃炎の症状を治療するためには大切であると言えるでしょう。

 

日本では、平成12年から胃潰瘍を患っている人がピロリ菌を撃退するための治療に保険適用が認められています。

 

抗生物質を服用してピロリ菌を死滅させていきますが、副作用も引き起こされます。

 

抗生物質の副作用に抵抗がある人には、ピロリ菌対策に効果的と考えられている食品を暮らしの中に取り入れている人もたくさんいます。

 

CMでよく見かける、LG21が含まれたヨーグルトは外せません。

 

これはどのお店でも手に入れることが可能となっています。

 

長く胃炎に悩まされている人は、対策のひとつとして試す価値があるのではないでしょうか。

 

 


胃炎とピロリ菌の関係について関連ページ

慢性胃炎の症状
神経系胃炎について
胃炎の薬について