胃炎の症状と治療ガイド

慢性胃炎の症状

慢性胃炎というのは、自覚症状を感じない人とひどい症状に悩まされる人に分かれるようです。

 

主に感じられる自覚症状としては、程度は別にして上腹部に嫌な感じを抱えていたり、食欲不振や倦怠感を訴える人がいます。

 

食べ終わった後に胃が痛くなったり、胸やけや吐き気を訴える人も多く、ひどい場合には嘔吐してしまうこともあります。

 

この他、萎縮性胃炎の患者に関しては血を吐くようなケースもあります。

 

胃の内部にある粘膜が薄くなって、胃壁に分布する血管が傷付けられることが原因です。

 

ちなみに、自覚症状を全く訴えない人もいます。

 

これについては無症状の慢性胃炎が疑われますが、自分で症状に気が付かないため医療機関を訪れない人がかなりいると言われています。

 

慢性胃炎特有の症状というものがないため、慢性胃炎に適した処置を施さずに暮らしてきた患者も大勢います。

 

胃炎の診断をしっかり下すためには、内視鏡検査やX線の検査を受けることが大切です。

 

胃粘膜がどうなっているかをきちんと知るためには、内視鏡検査が適切とされています。

 

胃炎の治療にあたっては、食事療法と一緒に薬物治療も行なわれます。

 

慢性胃炎の治療を行なうにあたっては、食事療法と薬物療法を粘り強く取り組むことが大事なのです。

 

しかしながら、頻繁に吐血したり薬による改善が見られない時には、手術を施すこともあります。

 

胃炎について軽い炎症程度にしか見ていない人も多いようですが、慢性胃炎については胃がんへと進んでしまう場合もあることが多いと言われているのです。

 

ただし、因果関係は究明されていない部分があります。

 

しかし、慢性萎縮性胃炎の患者に胃がん発生率が高いことは分かっているようです。

 

慢性萎縮性胃炎を患っている人は、胃がんへと進行する可能性もあることを意識して決められた治療を行なっていきましょう。