胃炎の症状と治療ガイド

胃に優しい調理法

胃炎の症状を緩和させ、かつ癖になってしまうことがないようにするために、食生活を正すことが重要です。

 

急性胃炎の治療では、胃に負担をかけない食事をとるようにしましょう。

 

炎症を起こした胃にとって優しい調理法で作られた食事をすることが大切です。

 

肉や野菜など様々な食材も、調理にアイデアを盛り込むことで胃にダメージの与えない料理ができるのです。

 

野菜に関しては加熱することで、胃に負担がかかりません。

 

煮る・蒸す・ゆでるといった調理法があります。

 

他にも、小さく切った材料を使うことによっても胃に対する負担を減らすことが可能です。

 

煮物などを調理する際には、圧力鍋を利用すると胃に負担のない柔らかな煮物が少しの時間でできます。

 

食材の皮むきが必要な場合は、皮を厚めに剥くのがコツです。

 

繊維質の野菜を調理する時は、細かな状態になるように切ることを意識しましょう。

 

肉料理・魚料理では、余分な脂を落とすように料理するのがコツのようです。

 

調理前に見える脂身の部分は、丁寧に取り除いてスジも取り除いておくと良いでしょう。

 

肉や魚といった素材は、蒸し物や網焼きの料理にすることでいらない脂分を効果的に落とすことが可能です。

 

胃の炎症を起こしている人が肉を食べる時は、ひき肉を利用したメニューのほうが胃への刺激の心配がいりません。

 

フードプロセッサーという器具を利用すれば短時間でひき肉ができるため、用意しておくと便利な調理器具の1つです。

 

肉だけでなく、魚介類もフードプロセッサーを使ってミンチにしましょう。

 

それでも揚げ物などの油っこい料理を食べたいと思う場合は、油を抑えた調理方法を考えましょう。

 

揚げ物の衣には多量の油が吸収されるため、衣の量を減らしたり、素揚げをしたりして少量食べる分には影響は少ないでしょう。

 

調理の仕方を上手に工夫することが胃炎を改善するための大切なポイントです。

 

 

胃炎・腹痛にお悩みの方におすすめ

 

 


胃に優しい調理法記事一覧

慢性胃炎の食事療法について

慢性胃炎の根治には、食事療法を粘り強くしていくことが非常に大事です。慢性胃炎に苦しめられている人は、胃炎の症状が長い間継続されてしまっているため、その分改善するまでに長い時間がかかるのです。それぞれの患者の胃酸の高低で食事の中身は変わってくることになります。慢性肥厚性胃炎の症状に多く見られる過酸症の...

≫続きを読む

 

食事療法に適した食材

胃炎の症状を解消するためには食事療法がとても大切です。薬物療法に比べて、食事療法の方が大切だと言う専門家が多いのは意外ですが事実のようです。胃炎治療が目的の食事に関しては、まず胃酸の分泌量を知ったうえで食事に取り入れる食材を決定します。食材を間違えるとさっぱり胃炎の改善効果が見られませんし、今の症状...

≫続きを読む